ワキ脱毛に必要となる施術回数の目安

穏やかな光の照射での処理ならエステサロン

エステサロンで導入をしているのは光脱毛のマシンであり、ワキを処理する回数として自己処理がほとんどいらないレベルにするには、6回から10回くらいが目安になります。かなり自己処理が楽になるまでには、毛周期を必ず守りながらの処理を繰り返す必要があるので、1年から1年半くらいは必要です。本当にツルツルなレベルになるまで施術をするなら、12回から18回くらいなので、2年から3年間くらいがエステ通いの目安になります。狭くてささやかなパーツではあるものの、毛質がしっかりとしていて毛量も多く、目立つだけに放置をすることができません。有名タレントやモデルを起用するエステも多く、費用面もリーズナブルですからキガリに利用をすることができます。

毛周期に合わせて複数回の施術が必要

テレビCMや宣伝広告でも身近なエステサロンでも、医療の力で綺麗をサポートする美容クリニックでも、ワキ脱毛をして満足な結果を出すためには一定の回数が必要です。エステもクリニックも優秀なマシンを導入していますが、基本的にそれぞれの毛周期に合わせての施術が基本になります。短期間で結果を出したくて、サイクルを無視して照射をしても、肌へのダメージになるだけです。毛は生え代わりをしていて、最も照射の効果を得られるのは毛の成長をする、毛周期の中の成長期の時なので、その時期に合わせての施術が必要になります。およそ3ヵ月くらいのサイクルで巡りますので、その時期が来たら光やレーザーでの照射をして、また時期が来たら施術の繰り返しです。ゆっくりと毛量は減っていくので、必ず満足な結果にたどり着きます。

短期間でツルツルを目指すことのできるレーザー

医療機関で導入をしているのは医療レーザーのマシンであり、高出力設定での照射で短期間でのワキ脱毛をすることができます。3回から4回くらいで自己処理がかなり楽になりますし、6回から8回も施術を受ければほぼツルツルな状態です。多くのクリニックでは6回を目安にコース設定をしていますが、1年から1年ちょっと通うことでこの回数で、多くの人は大満足な状態になります。毛質や毛量の差があるので、少し施術が多くなったり、少ない人もありますが、いずれにしてもエステよりもゴールが早いのが特徴です。レーザーは医療行為にあたりますので、完全に毛乳頭の破壊をすることができます。永久性がある処理ができる方法であり、ムダ毛を完全に除去して再生をさせることがありません。